<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

明日から新年度が始まりますね

久しぶりの登場です。さて、我が校も無事に卒業式を終えました。
卒業生たちは、学生生活に別れを告げ、社会人へと巣立っていきました。
卒業生に対する素敵なプレゼントも送られ、在校生との交流も図れたように感じます。
1年生たちは、新2年生となり、学業だけではなく、就職活動にも目を向けて
行くことになります。新入生の入学を迎えることで、先輩としての新たな
役割も求められますね。これからの学生生活も元気に過ごして、楽しんでほしいです。
それでは、4月からの展開も楽しみにしておきます。
b0236720_09560229.jpg














b0236720_10064845.jpg














b0236720_10074888.jpg




[PR]
by konoike-sw | 2014-03-31 10:28 | 学校だより

就職ガイダンス2013からの振り返り(2013年の忘れ物)

早いもので、3月に入りましたね。この時期には、今年の4月採用ではなく、来年4月や再来年度の採用分までの
就職フェアも見かけるようになりました。
ここで、我が校で開催された就職ガイダンス2013からの振り返りをしたいと思います。就職ガイダンス2013は、2013年11月15日(金)に開催されました。当日は、雨模様となりましたが、卒業生も4人の方(男性3名、女子1名)がパネリストとして来校されました。4期生、5期生、8期生が男性、10期生の方が女性でした。
特別養護老人ホームで課長代理として働いておられる4期生の方は、最近、カリキュラムとして導入されることになった医療的ケアへの取り組みについて、現場での取り組みの様子を熱心に語ってくれました。現在、特別養護老人ホームの副施設長として働いておられる5期生の方は、今年の4月に開設される施設長になられる予定です。施設やデイサービスで働いた経験は、本人を大きく成長させたと思いますし、何事も経験という言葉が印象的でした。事業所のサービス提供責任者として働いておられる8期生の方は、学校での座学よりも、現場実習での経験が印象的だったことを語られ、技術を身につけるには、きっかけを大事にすることと忍耐強く取り組む必要性を熱く語ってくれました。デイサービスの職員として働いておられる10期生の方は、学生時代のイメージと働いてからのデイサービスの違いに戸惑った経験を語ってくれました。そして、記録の大切さも説明してくれたので、今の学生にとっても身近に感じられたと思います。
今回のガイダンスを通して、現在の1年生が、今年の4月以降に行う就職活動に対する学びを深めてくれたら良いなと感じます。そして、パネリストとして来校して下さった卒業生には感謝するるともに、現場でこれからもご活躍されることをお祈りします。これからも、卒業生が母校に帰れる機会が作れるチャンスを増やしていきたいと思いますのてせ、是非、協力して下さいね!
b0236720_12475855.jpgb0236720_12450658.jpg













[PR]
by konoike-sw | 2014-03-06 14:56 | 学校だより